1956年7月(製作=日活)の作品です。製作は水の江滝子、監督は中平康、助監督は蔵原惟繕、脚本・原作ともに石原慎太郎です。

舞台は鎌倉。別荘を葉山に持つ兄弟を中心に話は進みます。「太陽族」なんていうセリフもあるぐらいでなんとも自己言及的な作品です。主演は石原裕次郎、弟役に津川雅彦。20歳にて人妻の北原三枝と恋仲になる津川は、兄の裕次郎やその友達たちに坊や扱いされますが、顔がよく、実直なところもあり、しばしば女性に一番人気となります。北原は、初心な少女を装ってこの津川と関係を深めるのですが、それが予想外且つ憐れな裕次郎が北原に忠告をすると、今度はその裕次郎を誘う北原。兄弟の仲が徐々にぎくしゃくとしていきます。

津川の兄である長門裕之、そして、裕次郎の兄であり原作者である石原慎太郎も登場します。「もはや戦後ではない」のは確かだとしても、これだけゆっくりと時間が流れ、時に気怠くさえある青年像を描いた時期=1956年をどう考えるかは重要です。裕次郎は、そんな弟の青春を飛び越えるように、夜な夜な北原の家に通い、だんだんと敬遠されるようなります。そうなるとますます燃えてくる。一方、自分たちの間を邪魔する存在だと気付かないっまの津川でしたが、ついに気付きます。

沖まで出ていた二人にようやく追いついた津川。ぐるぐると二人の乗る船を取り囲むように船を動かし、我慢ならなくなった北原が海に飛び込み呼びかけると、勢いをつけて顔面に衝突、さらに、そのまま裕次郎の乗る船に突っ込み木端微塵に。冷徹な顔をしたまま船を走らせます。なんとも現実離れしたこの作品が、特別面白いとは思わず、裕次郎の友人として登場する岡田真澄が若々しさが懐かしく感じられたのです。

kajitsu











(Y)