知人主催の企画をお知らせします。

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2007/1222.htm

---
●「なにがイッツウォーだ。ファックユーである。」(『湾岸戦争論』より)

詩人・藤井貞和さんをお迎えして講演会(+朗読)を開催することになりました。いま世界で起こっている戦争、身近に起きている闘いに対して「詩」は何をなし得るのか、という古くて新しい問いについて素朴に考えてみたいと思っています。文学に関心のあるすべての方の参加をお待ちしております。

▼日時:2007年12月22日(土) 13:00?

▼場所:立命館大学衣笠キャンパス創思館4階405号室

主催:立命館大学大学院先端総合学術研究科公募研究会〈文学研究会〉

参加費:無料

参考文献:藤井貞和 20071120 『言葉と戦争』,大月書店 

*18時より堀川今出川の町家フリースペースにて懇親会を予定しております。
 懇親会からの参加も可です。詳しい場所をお知らせしますので、参加希望の方は前日までに主催者までご連絡ください。
 (連絡先 nekogilles@yahoo.co.jp)

 懇親会の参加費はまだ決まっていませんが、できるだけ安価に設定したいと考えておりますので、気軽にご参加ください。料理やお酒の持ち込みも大歓迎です。

■藤井貞和
1942年生。詩人。日本文学研究者。詩作品集に『日本の詩はどこにあるか』(1982)、『大切なものを収める家』(1992)、現代詩文庫『正・続藤井貞和詩集』(1984、1992)など。1991年に藤井が書いた湾岸戦争詩「アメリカ政府は核兵器を使用する」、「自分も死にます、この戦争のために、と」を、瀬尾育夫らが批判したことをきっかけに、<湾岸戦争詩論争>が展開された。この論争は、飯島耕一らの<定型詩論争>とともに、1990年代の現代詩を規定することになったといわれる。

---

以下は、当日の風景。藤井さんの詩の朗読が印象的でした。

9a44650f.jpg








(Y)